インフォメーション
お知らせ

【現地専門家招聘セミナー】インドネシアの投資制度・労務・会計税務

2012年の日本の対インドネシア直接投資は、金額ベースで前年比6割増しを記録しており、その投資額は国・地域別にみて2番目の規模となります。日本からの投資をけん引するのは、自動車メーカーによる大型の拡張投資、輸送機器分野を中心にした中小部品メーカーの進出となっており、その背景にあるのは、インドネシアの自動車市場において95%を占める、日系ブランドの圧倒的なシェアがあります。

今後は、製造業に加え、生活用品や食品、飲料、各種サービス産業への新規投資が見込まれる一方、インドネシア政府による国内産業保護政策も打ち出されており、最新の情報収集が非常に重要になっています。

今回、現地インドネシアより、国連東ティモール政府内内部監査室コンサルタント勤務を経て、現NACジャカルタ事務所所長を務めている大久保美千代が、インドネシアの投資制度・労務・会計税務のほか、今注目されているACFTAの活用状況などをご解説いたします。

開催概要
日時2013年12月20日(金) 13:30~16:30 (受付開始13時00分)
会場神奈川産業振興センター13F 第一会議室
〒231-0015  横浜市中区尾上町5-80  MAP
*JR関内駅北口より徒歩5分
主催株式会社チェイス・チャイナ 【後援】Mizuno Consultancy Holdings Ltd.
受講料 一般価格:(税込)5,000円/1名
会員価格:(税込)3,000円/1名 ※下記該当者様に限定
・チェイス・チャイナ会員様
・MCH会員様
・NAC会員様
講演内容 第1部 「インドネシアの投資環境と活用方法」(90分)
NACジャカルタ事務所所長 大久保 美千代氏 

1.インドネシアの投資環境
2.企業の進出状況
3.法人設立及び投資関連法制
4.労務関連
5.会計税務制度

第2部 「アジアの投資拠点と活用方法」(60分)
Mizuno Consultancy Holdings Ltd.代表 水野 真澄氏

※プログラムは変更になる可能性がございます。ご了承下さい。
講演者 NACジャカルタ事務所所長 
大久保 美千代氏

■経歴
国税局、国連東ティモール政府内内部監査室コンサルタント勤務を経てNACグループ参画。日本国税理士。長崎大学経済学部 卒。University of Manchester (England) Master of Development Finance 修了。
お申込方法 本ページ下部のフォームより必要事項をご送信いただくか、下の詳細資料にあるメールアドレスまでお申込くださいますようお願いいたします。
詳細資料 投資環境セミナー詳細

セミナーお申込み

 非会員 チェイス・チャイナ会員様 MCH会員様 NAC会員様

お名前

会社名

メールアドレス

お電話番号

所属部会

※優待価格適用の場合、必ず所属会名を記載下さい。記載が無い場合は一般価格が適用となります。

メッセージ本文